スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なぜ作った(笑)」 BaiduTypeを試す

2009年12月17日 00:32

とても翡翠先生にはおすすめできない(笑)。

http://type.baidu.jp/

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0912/16/news081.html

http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20091216_336297.html

人柱覚悟で入れてみたが、とてもじゃないが使い物にならない。

ていうか、バイドゥって時点で胡散臭すぎる。百度の中の人には申し訳ないが(笑)。

バイドゥは中国だから、日本と同じく2バイト文字圏なはずなのに、これはいったいどういう事なの……。

まあ、ね。

タイミングも悪かったと思うんですよ。

Google日本語入力の後ってのがね。

日本語変換機能がフロントエンドプロセッサと呼ばれていたDOS時代には数多くの企業が参入していたが、Windows95以降からブラウザにおけるInternet ExplorerみたくMS-IMEの独壇場となり、対向するのはATOKだけっていう状態が長く続いてきただけに、Google日本語入力の登場はまさしく福音だったわけでね。

これがBaiduTypeが先に出たのなら評価も180度変わっていたと思うけど、Google日本語入力のβとは思えない完成度を知ってしまうととてもじゃないが評価できない。

まずインライン変換が出来ない時点で、物書きにとっては使えないにも程がある。

それこそDOS時代の一太郎+ATOKでもインライン変換してたのに、この御時世にそれもできないってどういう事よ。

スキンとか顔文字とかどうでもいいから、そこをまず直しなさいよ。

ケータイ世代の女性技術者が開発って、携帯とPCではI/Oの仕組みがあまりにも違うんだから、一緒にしちゃダメでしょ。応用して良いのは予測変換くらいで。

βにしても酷い。α版ってなら、まだ納得するが。

http://d.hatena.ne.jp/malark/20091216/p1

http://type.baidu.jp/terms/index.html

ヘンなところだけ正直にならなくて良いから、もう少し煮詰めてもらわんと。

少なくとも今の段階では一行書いただけで、速攻でGoogle日本語入力に戻しました。

悪いけど(笑)。


コメント

  1. 翡翠 | URL | -

    試す以前に

    私がメイン、サブで使っているPCはVistaなので、インストールすることができません(笑)。



    直接関係ないですが、一太郎2010とプレミアム辞書セット予約しました。2月が楽しみです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isweb.blog24.fc2.com/tb.php/129-91185b96
この記事へのトラックバック

Baidu Typeを試してみました

いつの間にか、Vistaに対応していたので入れてみました。 たしかに使いにくい 六分儀先生がおっしゃるように、今の時代インライン変換すらで...



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。