FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散歩がてら

2006年10月12日 23:57

私の勤務先は小型店にもかかわらず私を含めた同期が3人もいるという、同じ会社の中でもまれに見る人選の店なのだが、珍しく同期が3人とも休みが取れたので、どこかへ遊びにいこうという話に。

「どこへ行く?」
「香川方面へ走って饂飩でも食うか?」
「それも微妙な……」

なかなか決まらない。
そんな中、上司から熱烈に石鎚山に登ることを勧められたA氏がその旨を伝える。
強く反対するものもおらず、なし崩し的に石鎚山に行くことに。

そもそも出発が遅かったのと、途中で昼食をとったりしていたので、石鎚のロープウェイ乗り場に着いたころには15時に。
そこでだべっていた地元のおっさんたちに「おせー、おせー。もう止まるぞ」とムカつく言葉を投げかけられる。
ロープウェイは17時で止まってしまうので、確かに遅いのは遅いのだが、なんでテメーらにそんなことを言われにゃならんのよ。言われんでもわかっとるわい。

実際、ガイドマップによると頂上までのぼると3時間以上かかるそうで、そんなことをしていたら帰れなくなってしまうため、中腹の石鎚神社成就社というところまで行って引き返してくることにする。

  
※ロープウェイ乗り場に掲示してあった『日本大天狗番付表』
石鎚の石鎚法起坊は西の前頭。広島は高位の天狗こそいないが同じく前頭に4名がエントリー。
我らが稲生物怪録でおなじみの三次の重鎮、山本五郎左衛門様もいらっしゃいます。



    
※ロープウェイのゴンドラ。ほとんど椅子がなく立ち乗り前提。
発信後アナウンスが流れるが「日本有数の急勾配のロープウェイです」とのたまった後、「安心ください。日本一安全な乗り物です」。3人が3人とも「それは違うだろ!」と突っ込んでしまった。
たしかに尋常ならざる急角度で上昇していくのだが、ゴンドラの床の一部が格子になっていて下が丸見え。正直、閉口した。


ゴンドラが中腹の駅に着くと、あとは成就社まで2、30分というところ。
しかし、ものぐさ3人組は良い物を見つける

 
※観光用の連絡リフト。約20分短縮できる。

そしてとうとう成就社へ。
休憩したり拝んだりした後、各種お守りを購入し、リフトとロープウェイの最終便の時間が近づいてきたので、同じく省エネルートをたどり下山。

ほとんど文明の利器にたよりきりで登山とは呼べないほど歩かなかったが、普段住んでいるところが工場地帯の汚れた空気の充満する場所なので、なかなかリフレッシュできた休日となりました。

今度は午前から出発して鎖場を経由し、頂上を目指したいなあ。
休み、取れるだろうか。


コメント

  1. ただの暇人 | URL | -

    >言われんでもわかっとるわい。
    折角、広島人なんですから
    「お前に言われんでも分かっとるわ!」と言って欲しかったですww

    http://www.geocities.co.jp/Athlete-Rodos/1046/carps3.htm

  2. 六分儀 | URL | -

    なんで前田……。
    でも、実際言いかけたのは事実。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isweb.blog24.fc2.com/tb.php/32-51d0891f
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。